SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
11月16日 フカセ戦
2013-11-18 00:00
何と言うか、初っ端から気分悪い日でした。



まずは潮が殆ど止まっているという前日の情報から、色々とシミュレーションした結果、いつものヒラバーで狙う事にしました。

そして、いつも通り1番乗りして、すぐ後ろに2番目の人が歩いてきました。

オラはヒラバーのいつもの席に座り、2番目の人はルアーマンで30mほど左の角に入りました。

そして準備しているとルアーマンが時折、ヘッドライトで海面を照らしています。

何してんのや?

魚が散るやろ!

準備が終わって、釣り開始してても、ルアーマンのライトが海面に当たってるんで、気になってしゃ~ない!

潮は殆ど止まっていて、サラシの帯で辛うじて流せる状態でした。



そして、最初にヒットした魚は、30cmくらいのヒガンフグ。

以前なら持って帰ってたけど、今は不要だし今日はカニ祭りで知り合いの有識者は不在なので、潮だまりに隔離しました。

そして、

次は同サイズのヒガンフグ

次も同サイズのヒガンフグ

次も少し小さ目のヒガンフグ

次はこの種類にしては大き目のコモンフグ

まさにフグの連打でした。

なかなか本命が釣れません。

ルアーマンは相変わらず、時折、海面を照らします。

さすがに腹立ってきて、注意しようと近づいた時・・・



不思議な光景を見ました。



それは・・・



ヘッドライトを点けながらルアーをしている。



具体的には、ライト点けっぱなしでルアーをキャストして

(後方を見る時にヘッドライトがオラのほうに当たってる)、

竿先にライトを当てて(この時ライトは海面を照らしている)、

ルアーが足下に来たのをライトで確認して(もちろん海面を照らしている)、

ルアーの垂らしをライトで確認して(しつこいようですが海面を照らしている)、

そして後方を見てキャストする。



要するに、方々にライト当てっぱなし。

ありえん!

さすがに呆れて、しかもこのスタイルで釣るなら、これ以上は口出しでけんわ!と注意するのを諦めました。

それで納得した訳じゃないけど、こっちにライトが当たるとイライラが募ります。

なもんで、可能な限り遠ざかりました。



そして、餌が取られなくなりました。

もしかして・・・チャンス到来か?!

すると、強烈な引き込みに遭いました。

ノック音が無いからマダイじゃないが、この猛烈なパワーはアコウじゃないし、シーバスか?

3分くらいの格闘でウキが見えて、水面まで上げると・・・

1mクラスのドチザメでした。

0011480.jpg



6時を回り、ライト無しでも釣れるようになり、やっとイライラから解放される!

そして、再び餌が取られなくなりました。

再びチャンスか?

暫くしてウキがシュッ!と入り、竿先がグッと曲がりました。

慌てて合わせを入れると、さらに差し込まれ、その0コンマ何秒かで・・・



ラインがプッツン!



しかも道糸が切れてしまって、電気ウキもろとも消えてしまいました。

なんてこったい!

せっかく掛かったヒラ様(たぶん)を逃すとは・・・



オキアミを撒きながらすぐに仕掛けを作り直したが、ヒラ様ショーは終わり、木ッ葉グレやサンバ祭りに戻りました。

なんかやる気が失せたんで、8時には上がりました。


スポンサーサイト
別窓 | フカセ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11月17日 心が折れた日 | へなちょこ釣り日記 | 11月9日 アウェイ戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。