SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
10月19日 マダイ戦
2013-10-23 00:00
新しいタモを持って、気持ちを新たに夜明け前フィッシング。

今日は波が1mくらいだったんで、いつものマダイバーはいつも通り入れず。

これで2週間入ってないけど、他でいいもん掛かってるから良しとすっか。

つか、どんどん荒れてくるから、これからは上陸率下がるだろうな。

さて、もう1つのお気に入りポイントですが、今日は波が小さいからサラシも小さく。

こりゃ・・・いいもん掛かりそう!

という事で、3号通しのラインは、道糸3号は変わらんけどハリスを5号にしました。



最初に挨拶いただいたのは、36cmの

「マダイ」

ウキが沈んでるんだか浮いてるんだかわからんくらい中途半端な位置にあったから、とりあえず竿を上げてみました。

そしたら竿がグッと曲がりました。

掛かった時からマダイ特融のノック音がしたんで、一気にテンションがアゲアゲ↑

サイズもまあまあという事で、早速買ってきたばかりではありますが、タモ様にご登場いただきました。

そして、一発で掬えました。

やっぱ軽いってのはいいね。

0011389.jpg




続いてご登場いただいたのは、41cmの

「アコウ」

掛かった瞬間から「マダイ・チヌではない」とわかっていたけど、じゃあこの魚は何なんだ?

と疑惑一杯だったです。

おまけに、大して引かんかったんで、それ程大きいとは思ってなかったです。

なもんで、浮いてから引き抜こうと思ったら、以外に重い?!

慌ててタモ持って足場の低い位置に下りて、ライト当てたら・・・赤い魚?

コブダイかよ!

という事でタモですくったら・・・あれっ?

赤みが違う!

しかもデカいし。

タモを寄せて、すくった魚を見ると・・・

アコウじゃんか!

しかも自己新サイズだし。

これはマジ感動しました。

この1匹で家族5人分の煮付けができました。

0011390.jpg



続いては、正体不明の魚。

ちょい沖にウキを流してたら、いつの間にかウキが消えてました。

すぐに合わせると、一気に左手前に寄ってきます。

だからスイスイとラインが巻けます。

・・・ってあかんやん!

左手前は根が張ってて、そこに入られたら一発でラインを切られてしまう。

慌てて、タモを持って足場を移動したけど、既に遅し。

根に入られてびくともせず。

しかもラインが根に引っかかってる感じ。

何とか竿で引っかかったラインをかわそうとしたが、結局ラインプッツン!

5号ハリスがあっさりと切れました。

正体不明といいながら、あのキレのある速さを持っていて、根の好きな魚と言えば、

「ヒラ様」

しかないでしょう。

このポイントの宿命と言えばそうなんだけど、ここに入られて切られたんはこれで二度目です。



この後は25cm以下のグレや、15cm程度のサンバソウがヒットします。

でも、既にお土産があるので30cm以下はリリースと決めました。

そうこうしているうちにオキアミが無くなったんで、ルアーにチェンジ。

ヒラ様が連打したペンシルをキャストするも、何も掛からず。

ポイントBに移動すると、シーバスがミスバイト。

サイズは70cmくらいだと思います。

他はドチザメもアタックしてくるるも、どんくさいドチザメはルアーに食いつけれず。

ポイントCに移動して、サラシの泡で出来ている帯を中心にアタックしました。

そしたら、ルアーが着水してリール5回転くらい回したところでググッ!

何かがヒット!

でもヒラ様じゃないってのは丸わかり。

何やろと思ったらツバスでした。

ま、これはお持ち帰りするか。

でも、その3時間後に近所のボートマンから40cmを越えるアジを3本。

・・・ツバスは逃がしときゃ良かった!と後悔しました。

0011393a.jpg




スポンサーサイト
別窓 | フカセ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11月9日 アウェイ戦 | へなちょこ釣り日記 | タモの柄>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |