SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
8月26日 USJ バイオハザード・ザ・リアル
2013-09-12 00:00
26日は、入園と同時にバイオハザードの整理券をもらいに並びました。



30分待ちとかいてあったが、30分以上待ちました。

待ってる間、サバイバルガイドを読みました。

でもよーわからん。

そして、10時に整理券をゲット。

16:00~16:30でした。

それまでは他のアトラクションを楽しみました。



そして16:00ちょっと前に並びました。

すぐに入って行き、8人グループに分けられました。

オラは8番目だったんで一番後ろ、しんがりとなりました。

まずは感染メーターを腕に付けてから銃を持ちます。

感染メーターには銃の残り数(30発)と、グリーンのランプが点いてました。

銃に付いてるライトを点けたかったが、一番後ろだった為に先に人が行ってしまいました。

ちょっと待ってよ~!

結局、ライトの点け方がわからず、暗いまま進む羽目になってしまいました。

このグループではライトは先頭の3人しか点いてなく、他の5人はライト無しでした。

ただでさえ暗いのに、おまけにオラはサングラスしてたから、余計に暗い。

最初はサングラスを付けていたが、さすがに暗いので仕方なくサングラスを外して、手に持ちながら進むことにしました。

でもサングラスのおかげか、暗闇に慣れてきて物の動きがよく見えます。

オラの前は女性3人で、最初からものすごい悲鳴を上げながら進みます。

まーうるさかった!

先頭はドアの向こうや通路の角など、ゾンビがいる事がありますが(全部が向かってくるわけではない)、最後尾はほぼ全てのゾンビが向かってきます。

下調べしてなかったんで、何をどうしたらいいかわからんかったけど、十分落ち着いてたんで1体に1発ずつ打つ事にしました。

前の女性らは、相変わらずキャーキャー騒ぐばかりで、何もしてくれません(笑)



やっと最初のクルーの部屋に着いて、感染メーターを見せてここで4人ずつ分けられました。

その4人は前の4人と後ろの4人の組み合わせです。

つまり、キャーキャー騒いでいた3人組と一緒です。

ここで弾を補充してくれるかと思いきや、してくれませんでした。

もうちょっと先なんでしょうか。

ここでは女性が先に行きました。

つか、オラはずっとしんがりです。

ライトの付け方わからんくて、かなり暗いです。

このグループはライト無しです。

ゾンビは次々と出てきますが、動きが遅いから逃げることはできます。

女性らは相変わらずキャーキャーうるさく、逃げるように進んでいってます。

しっかり狙って打ってないのか、お化け屋敷よろしく逃げてるだけなのか、追いかけてくるゾンビの数が多いんで、しんがりのオラがとどめを刺して進んでいきます。

動いてないゾンビを見て、「寝てるね~!」と余裕こいて通り過ぎたら、ふと振り向くと2m後ろにいたりもしました。

これって、かなりリアルだわ!

いきなりバタンと来られるとちょっとビビるけど、グロはそれ程怖くないんで、感染しないように進んでいきます。

しか~し、感染メーターはどんどん赤くなっていきます。

なんで?

どうやって感染してるんだ?

わからん!

つか、弾が殆ど無い!

またクルーのいる部屋に着きました。

そしたら、ゲームオーバーが告げられました。

感染メーターが4人とも赤くなっていました。

前の女性らは弾が残ってました。

・・・お前らが打ってなかったせいか?!

かくして、ラクーンシティを生きたまま生還する事はできなかった。

現在、10数万人チャレンジして、生還できたのはたったの4人。

難しすぎる!

しかし、一番面白いと思った!

期間限定じゃなくてもっとやってくれればいいのに!



スポンサーサイト
別窓 | 独り言・他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<8月26日 USJ バックドロップ | へなちょこ釣り日記 | 8月25日 USJ ジュラシックパーク>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。