SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
中国渡航記~2~
2006-05-14 01:05
中国滞在も5日目。
仕事は遅れ気味ですが、なんとか頑張っています。
道路事情はすごくて、クラクションの数が1日100回を下回る事はないです。
殆ど鳴りっぱなしです。
 
 
こないだ、別の会社(従業員1000人規模)に行く予定でしたが、乗り物の手配がつかず、午前中はホテルで待機していました。
したらその会社、停電でパニック状態になっていたとか。
行かなくて良かったね~。
その停電の理由なんだけど、まずその会社は4つの電力会社が入っています。
例えば事務棟はA電力、生産工場棟はB電力、組立工場棟はC電力とすると、「お前のところは電気を使いすぎだ!」と、B電力が電気の供給をいきなりストップしたそうです。
その会社は普通に生産してて、生産量が増えて電力消費が増えた訳でもないのに、いきなり切られたそうです。
まぁ国自体が急成長してて、マンションや工場が雨後のたけのこのように次々に立てられていて、エネルギーが非常に不足している中国なので、そんな事もありなのか?
(例の東シナ海の海底資源でも躍起になってますが)
中国の電力事情や国の裏側を垣間見た感じがしました。


午後は資材購入の為に通訳を連れて繁華街に出ました。
7階建てのビルで1階~2階がチップ、コネクタ、コンデンサなどの部品、3~7階がパソコン関連商品です。

1階部分は1店舗のスペースが2mで、まるで秋葉原のラジオデパートをもっと凝縮したような感じです。
ここだけでパソコンを組み立てるパーツが全部揃うほどの部品が揃っていました。
まさにパソコンマニアには美味しい店でした。
ただ、パソコン以外は値段が全然書いてなく、通訳を通すか電卓を渡して「HOW MACH?」と聞いて回ります。
でも中国人は日本人以上に英語が通じなくて、電卓を介してジェスチャー言語でやりとりしてました。

1つ思ったのが中国のパソコンの値段は日本と変わらないか、高いくらいです。
部品はめっちゃ安いのにね。

ちなみに、中国で「いらない」は「不要(ブーヨン)」、「ダメ」は「不行」です。(たしか・・・)
それで「不」の発音が「ブー」なので、とにかく「ブー」と言えば「No」と言うのと同じです。
「HOW MACH? 高いじゃん! No!No! ブーブー!」と言って店を去ります。


部材の納入ですが、「○月○日○時に持ってきます。」と言われても半分以上が遅れます。
どうもこれが半分当たり前になってるとか。
なので、パソコン40台を10日にに入荷すると代理店さんが堅く約束してくれたのに、11日に5台、残り35台が12日でした。
代理店の人と通訳を通して話をしていましたが、どうも中国の人は納期が遅れた事に対して頭を下げたくないのか?はたまたそういう文化が無いのか?
全然頭を下げてきませんで、腕組みしながら「いついつ入荷します」と言ってきます。
まぁこれも「文化」と片付けておきましょうか。


今日は土曜日ですが、入荷が遅れていた部材が納入されるので出勤しました。
そして仕事終わってから夕方にジャスコにショッピングに行きました。
ジャスコの中は日本と同じ作りで、従業員も日本と同じ教育がなされていました。
(ホテルの近くにあるセブンイレブンも同じく教育されています)
ちなみに我輩がスーパーに行った時、真っ先に見るのが魚コーナーです。
熱帯魚とかを売ってるような水槽があり、その中で40cmぐらいのコイ、40cmぐらいのカムルチー(台湾ドジョウ)、ブラックバス、その他色んな魚がいました。
カムルチーは9元(140円)、ブラックバスは6元(90円)でした。
他にもスッポンやカエル、アメリカザリガニなどもいました。
刺身などにする青物は全然いませんでした。
それでもマグロなど刺身も売ってました。
中国人も刺身を食べるみたいやな。
ジャスコの中には何ヶ所かに日本の食材コーナーもありました。
酒類のコーナーの中に、日本のビールやカクテルもありました。
今、久々に日本のカクテル(金額も日本とほぼ同じ)を飲みながら文章を作ってます。
すっかり中国での買い物も上手くなり、レジで物怖じしなくなりました。
今では1人で買い物にも行けるようになりました。
ただ、特区内でも特に日本人が1人でウロウロするのは非常に危険なので、常に2人以上で行動しています。

帰りは地下鉄に乗ったのですが、できたばっかりなのか非常に綺麗でした。
日本の切符にあたるものが、オセロと同じくらい大きさで、緑色のプラスチック製コインで、中にICチップが入ってるみたいでした。
地下鉄も2度目なので、乗り方も完全マスターOK!
夕方でしたが、日本から見ると比較的空いてました。
やはり多くの人が自転車やバスやタクシーなどを利用しています。


ただ、深センでも特区を離れると道がゴミだらけで汚いです。
中国人は「ゴミはゴミ箱へ」と言う概念は無いらしく、とにかく道路にポイポイ捨てます。
なので、道路のゴミ掃除の人を多く見ます。
おまけに料理でも、例えば魚の骨なんか、皿に置いておけば良いのにペッとテーブルや床に飛ばします。
なんとまぁ汚い!
だから会社の社員食堂でもテーブルや床が汚いです。
とにかく美のかけらもありません。


トイレは日本や欧米の文化もあって、日本と同じです。
昔みたいにドアやしきりが無くて・・・と言うところは無いです。
ただ、トイレットペーパーが無いトイレもあります。


ご飯はどこの店も、日本のご飯より固いです。
日本で3合の米に3合分の水を入れるとしたら、水が2合分ぐらいしか入ってないんじゃないか?と思うほどに硬いです。
もう少し水を入れれば良いのに・・・。
そのせいなのか、中国人はご飯だけで食べる事は無く、カレーや丼みたいにご飯に何かをかけて食べるメニューが多いです。
でもさすがに日本料理屋のご飯は美味い(普通にご飯)です。


ちなみに我輩、できる限り日本食やパンを食べているので、お腹のほうは健康です。
ただ、会社の先輩は腹がすぐれないそうで、後輩は中華料理が大好きなので、本場の味を楽しんでいます。
でも本場の味は日本人に合わないと思います・・・
本社からのメールの中でも時節の挨拶が、
 「おはようございます。
 中国はどうですか?
 腹は大丈夫ですか?」
が当たり前になってきました。
つまり、水や食事に慣れなくて体調を悪くしている人がいるからです。


今困ってるのが睡眠不足。
まだ緊張感から開放されないのか、釣りしたくてウズウズしているのかいつも4時に目が覚めてしまい、常に寝不足です。
4時は浜坂地磯に行く時の時間じゃんか!
でも今朝は初めて5時間ほど寝れました。
来週になれば慣れて緊張感から開放され、6時間くらいは寝れるかな?



明日はビザの関係で香港に行きます。
ついでに会社の香港支店に寄って、現地の人に香港を案内してもらいます。
慣れると、ほんと結構楽しいっす。




P.S
中国で写真を撮ってると公安が飛んで来かねないので、写真撮影は控えています。
スポンサーサイト
別窓 | 中国 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<中国渡航記~3~ | へなちょこ釣り日記 | Aqua ~水のある風景~ 潮溜まり>>
コメント
釣りの事は・・・
毎日、新しい事の連続だし、通勤途中に川が無いので、釣りの事はあまり考えてないですね。
せいぜいがスーパーで生鮮売り場を覗くくらいです。

でも日本のサイトは毎晩チェックしてまっせ。
阪神も好調だし、帰国する頃には首位に立ってるかな?
持ってきた鮎釣りの本だって読む暇は無いし、なんかバタバタしてます。
今日は香港に行くし、完全休日は次の日曜日くらいかな?

>淵さん
早く行かないと、もうそろそろシーバスの時期が終わってしまいまっせ。

>Kazuさん
そちらも環境の変化がありましたか。
お互いに頑張りましょうね。
我輩、エサ釣りでも釣れないことはよくあるので、「ダメでもともと。釣れたらラッキー!」でやってます。

今はスーパーの魚を眺めるのが唯一の楽しみです。
コイ系の魚の他にもブラックバスやカムルチーもいるし、アコウ系、アジ、太刀魚、訳わからんナマズ(ブラジルで言う○○キャット?)など、馴染みの魚や初めて見る魚がいて、をれを見ると癒されますね。
2006-05-14 07:05| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
さぼってばかりも居られないので・・・
実は土曜日夜に小屋に行ってました、土曜日夕方岸田川のシーバス狙ってボーズ食らってからの小屋入りでした。
岸田に向かう途中ミネサンに電話入れ、急遽彼女も参加したのですが悲しいボとなりました。(ノーバイト)
雨がかなり降った後だったので川の増水もきつかったです。

小屋に入って少し飲みましたが日ごろの疲れからか・? 直ぐに寝てしまいました。
朝は6時前に目覚め表に出ると前の川の流れは連休時と変わらずに物凄い雪代増水でした(少し濁りあり)
朝風呂は小屋横の山桜が風に花びらを散らし風呂の湯船に降りかかる中、新緑を見ながらの最高の風呂でしたよ(^^
プライベートの露天風呂持てる贅沢の極みでしょうね?

小屋の大工工事に掛かろうとしましたがどうも気が乗らず、昼前には小屋を後に帰宅しました。
途中山菜を摘みながら山を下りましたが渓流釣師が沢山来てたのに谷に入れる事すら出来ず気の毒やったです(XX

この水が退くのは何時の事なんでしょうね?
夜は山菜が沢山食卓に並びましたよ
2006-05-15 21:00| URL | 私の淵 #3/VKSDZ2[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。