SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
11月10日 アウェイ戦
2012-11-12 00:00
表磯はまだ波が高いけど・・・




2週連続チヌは嫌(まだ柵が冷凍庫にある)なので、ここは意を決して年数回しか行かないアウェイに行ってきました。

ポイントに着いたら先端には既に2人組がいました。

でも波が高いので、先端の高台のちょい内側に座しました。

本命はもちろんマダイです。

波が高くて風もあるし、フカセはきつそうなのでカゴにしました。

潮はいつもの逆・・・

風に沿って内向きに入ってきます。

大丈夫かいな・・・

付け餌は時折残るので、タナが合ってないか、デカいのがいるのか?

タナを上げたり下げたりで探っていきました。

しかし健闘むなしく夜が明けてしまいました。

でもここからがマダイの本当のサービスタイム!

ウキがスパっと沈みました。

上げてみたら30弱のマダイでした。

写メを撮る時間が惜しくて、すぐに2匹目を狙いました。

しかしその後、ウキが動いたと思ったら、ウキ止めのちょい下でラインが切れてしまいました。

隣の人のラインが交差してしまったのか? フグに噛み切られたのか?

(フグ犯人説高し)

すぐに次のカゴをセットしたが、仕掛け回収時にスイベルが伸びきって自作カゴだけロスト。

・・・おいっ!

結局カゴが無くなったんで、フカセに転じました。

1号円錐ウキに0.5号の水中ウキを付けて、ゆっくりと沈める作戦。

道糸5号+ハリス5号は変わらんけど、今度は直結にしました。

針はチヌ針7号とやや大き目です。

何せ次に狙うのは胸に黄色い追星を持つ奴なので。

実際、隣の人が何かデカいのをバラしました。



まずはオキアミを足元に撒いて、サラシに乗せて沖へ運びます。

そこに仕掛けを投入して、同じく流します。

最初の1流し目、2流し目では餌が取られてないんで、やはり追星がいるな。

そして3流し目でウキが横に走りました。



キター!



ガツン!と合わせ、強引にゴリ巻き開始。

しかし最初はすんなり寄ってくるから、豆かな?

ウキが見えるようになってから、猛烈に大暴れしてきます。

でも、この時でもまだ小さ目という印象が。

そして、ラインの角度がありえないほど直角になった時・・・

ヤバい!

岩に擦れる!

ドラグをきつくしてるんで、竿先が真下に入ろうとしている。

弓なり・・・というか、穂先が竿尻より下になるくらい竿を曲げられています。

ここまで竿を曲げられたんは初めてかも・・・

と考えてる場合じゃない!

なんとかかわすと、次は沖に走ろうとする。

これならいいや。

ゴリ巻きして5mほどラインを出され、またゴリ巻きして5m出され・・・

を繰り返して、いよいよ磯際まで寄せて、ご対面!

これだとタモ入れは難しいな!と思ったので、強引に1段上までずり上げました。

やれやれ・・・

魚は疲れたのか暴れんかったので、取りに行こうかと思った矢先・・・

波が来て魚がまた海中へ。



ふりだしに戻る



・・・再びバトル。

また魚が暴れて走り出したものの、ずり上げて10秒くらい経ってて空気をたっぷり吸わす事が出来たんで、さっき程のパワーは無い。

また寄せて、今度はタモ入れ一発で決まりました。

そして波を見てタモを上げて、今度こそEND。

201211100729a000.jpg



イエローラインが眩しい、久しぶりの追星でした。

65cm、2.6キロでした。

201211100820a000.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 青物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒラマサ料理 | へなちょこ釣り日記 | 11月3日 フカセチヌ戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。