SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
6月23日 鮎釣り
2012-06-28 00:00
なかなか更新する暇が無くて・・・2




土曜日ながら、所用があったんで6時から8時までの2時間勝負。

まずは下流区のいつもの瀬に入ったら・・・掛からん!

てなことは無かったけど、チビ3連発でした。

しかも、主力(というより好みの)ポイントはゼロで、エリア内あちこちを探って3匹しかもチビ。

こらあかん!

はて困った!

場所チェンジ!

上に行くか?下に行くか?

迷った挙句、調査も兼ねて上に行ってみました。



とある中流域の瀬に入ってみたところ、ゼロ。

石は黒光りしているしハミ痕はあるので、鮎はいるのだが・・・

密度の問題かな?

ここぞ!というポイントへGO!

さらに上流に向かって、ある堰堤下の流れ込みを狙ってみました。



去年の台風で新たなポイントが形成されており、しかもどう見ても一番鮎が潜んでいそう。

だが、いかんせんキャパが小さいのと、台風明けで水量が多いので流れがキツく、ちょっとオトリを入れにくいな。

良くて2~3匹かな?

まぁオトリが循環すればいいか。

まずは弱ったオトリを石裏の流れの緩いところに誘導。

それからしばらく待ってみました。

掛からん!

やはり上流区はダメか?

次は無理やり石の前に誘導しました。

そしたらググッ!

16cmの黄色い鮎が瀬掛かりでした。

でも、どう見ても放流ものだあ。

それでもやっとオトリが循環できたんで、キツいこの瀬を勇猛果敢に攻めたてました。

その3分後に底バレしてしまったが、その1分後に2m上で再び16cmがヒット。

ここでタイムアップとなり終了。

魚影の薄い上流区でも、やはり1番ポイントには鮎がいます。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<6月24日 鮎釣り | へなちょこ釣り日記 | 6月12日 鮎>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。