SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
1月19日 カゴ&フカセ
2012-01-22 00:00
所用があって会社を休みにしました。

ただ、時間がある午前中にちょいと釣りに行きました。



前夜、波の状況をつぶさに確認して、よしっ!昼まで出来そうだ!

という事で、カゴとフカセのダブルタックルを準備しました。

当然、餌も撒き餌もダブルです。

当然、重いです。

ポイントは町内の表磯。

4時半に釣り開始しました。

まずはデカマダイを狙ってカゴからスタート。

しかし、のっけから餌を取られます。

正確にはオキアミの頭をかじられます。

やはり天敵の仕業か・・・

潮は若干流れていて、時々止まります。

ん~かなり弱いな。

なもんで、潮上にキャストしたものの、ウキがそこに停滞したり逆に流れたりで、予想外の苦戦

を強いられます。

また、ウキを1ヒロ単位で上げ下げしてみたりして、マダイの層を探っていきます。

すると、やっとウキが消しこみました。

やった~!

と思ったら、メバルでした。

それでも、26cmあるから立派なお土産ですたい。

でもそれ以降なんも掛からず。

いや、フグの猛攻にさらされて苦戦が続きました。

明るくなってきて、カゴでは埒があかないんでフカセにチェンジ。

狙いはチヌとマダイです。

竿3本先の潮に乗せて流していきます。

ただ、ここでもフグの猛攻にさらされました。

足元に撒き餌をして、ポイントは撒き餌せずの状態で、やっと逃れることができます。

それでもタナに到着した時には餌が無く。

この状態が2時間くらい続きました。

さて、この状態のまましつこく粘るか?

ポイント移動するか?

あっちはもっと餌取りが多いの知ってるんで、どやろか?

と、ここで波が若干高くなってきたんで、やはり移動しました。

それからは餌取りの猛攻で、チヌやマダイ層まで届きません。

ていうかチヌやマダイ層にも餌取りがよーけいます。

具体的には

表層にスズメダイ

中層にグレ

下層にフグ

スズメダイは簡単に突破できるんですが、グレ層はまぁしゃ~ないとして、フグ層がなぁ・・・

ここまで来たとたんに餌がないんで、どうしたもんだろ?

そうこうしているうちに、それぞれの層の魚がヒットしてきます。

スズメは1匹、グレは10匹近く、フグは2匹。

結果、グレは最大28cmで、15~20cmがレギュラーサイズでした。



前日のマダコも合わせて記念撮影します。


IMG0008.jpg


スポンサーサイト
別窓 | カゴ釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1月29日 山小屋 | へなちょこ釣り日記 | 1月18日 根魚戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。