SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
自作カゴ
2011-11-15 00:00
「フカセ竿でもカゴ釣りできる」

というコンセプトの為に、カゴを自作しました。



棚撒きシャトルは非常に有能なカゴなんですが、一番小さいのがMサイズ(錘6号)なので、今使ってるハトウレジェンド2号だとギリギリの負荷です。

いくら先調子のハトウレジェンドでも、これに撒き餌を詰めて遠投するのは、一応鉛を削って5号相当にしているとはいえ一度バキバキッと竿が折れてるんで、ちょっと心が痛むとです。

なので、さらなる軽量化の為に、負荷が軽くて餌がバラけないカゴを作ってみる事にしました。

要は最適なカゴが無いんで、そーゆー時は自分で作れば良しと。

そこで目を付けたのが、市販の錘無しのアミカゴ。

両側に蓋が付いていてサビキの上に付けて沈める時は蓋が閉じて、上にしゃくると蓋が開いてアミエビが出る仕組みになっています。

これの極小サイズを改良してみました。

単価が158円なんで、失敗しても痛くも痒くも無いので、大胆に改良してみました。

まずは上体と下体が動かないように針金で固定します。

片方の網の部分をカッターで切り取ります。

もう片方の蓋は針金で固定します。

最後に針金で反転軸を作り、錘は2号にしました。

2号錘は7.5gで、円錐ウキが10g前後という事を考えれば錘を3号(11.25g)にしても大した重さじゃありません。

合計30分程度の工作でした。

右が改良前、左が完成品です。

20111114220617.jpg




早速、でっかいバケツに水を入れて、カゴにオキアミを詰めて試してみました。

まずは着水時の衝撃を試したところ、撒き餌はバラけませんでした。

そして、反転して沈む事を確認して、1シャクリ、2シャクリで完全に撒き餌と刺し餌が放出されました。

良いじゃね~か!

試作第一号にしては、なかなかの出来栄えです。

さらにもう1回り大きいカゴで3号の反転カゴを作りました。

まぁ軽くなった分、遠投能力も6号に比べたら若干減るだろうけど、夜のマダイは岸に寄ってるからそんな大遠投せんで良いし。

遠投したいポイントでは棚撒きシャトルを使います。

カゴで釣れる魚の殆どが20~30cmクラスで、50オーバーってのは年1回くらいしかないです。

それならチヌ竿をなるべく使いたかったんで、これで楽しめると思います。

それに2号竿って1.25号に比べたらやはり重いしね。

デカマダイが来ても、竿を根元から曲げてドラグを駆使すれば対応できるかと。

ただし、ヒラマサはお断り!

ジグやペンシルのほうにアタックください!




スポンサーサイト
別窓 | 独り言・他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11月12日 カゴ釣り | へなちょこ釣り日記 | 11月5日 カゴ釣り>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |