SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
12月9日 カゴ戦 ~その2~
2010-12-22 00:00
失意のマダイバラシにもめげずにリスタート。


6時を回って、空が薄明るくなってきました。

と同時に背後の山中にライトが2つ見えました。

ジグ師かな?

そうこうしているうちに降りてきて、オラの隣に入りました。

ルアーマン2人でした。

Aさんが広大なサラシを攻めて、Bさんがタモを持ってサポートに。

なんで2人して釣りせんのやろ?と思ったけど、まぁそれはその人らの勝手。

しばらくすると、Aさんの竿が曲がってました。

9.6Fっぽいロッドだったので、そらよう曲がるざんしょ。

シーバスかな?と思ってたら、海面でエラ洗い。

そして取り込みにかかるも2人の動きが噛み合わず。

ていうか、抜くなら抜く、タモですくうならすくうで合わせないと難しいよ!

って、さっきマダイをバラしたオラが言える事ではないが・・・

ルアーの時にタモを使うと、ルアーがタモに引っかかってバラす事が多いから、とにかく波を利用して抜きあげたほうがトラブルが少ないのだけど・・・。

そしたら波で岩の上にあげたけど、そこから足元まで寄せるまでにモタモタ。

タモですくおうとしたら、案の定、ルアーがタモに引っかかってルアーがポロリ。

そこをタモ係のBさんが、下に降りてルアーをキャッチ。

なんとか無事に取り込めました。

60前後のシーバスでした。

シーバスが掛かるって事は海全体に活性が高いって事だ。

そして、程なくしてツバスもヒットさしたようです。



完全に明るくなってきたんで、ここでウキをチェンジしました。

なんのこたない、カゴは2号だけどウキが6号で、浮力負けしてたんで、3号のサビキ用にチェンジ。

夜中は沈まないほうが釣り易いのでやや大きめのウキを使ってたけど、明るくなってきたら色々状況判断がつくので軽めにしました。




その後、ウキがすっと沈みました。

ちょっとトルクある引きで、ただし首振りしなかったからマダイ・チヌ系ではなく、スピードも無いので青物ではないとわかったけど・・・

もしや?と思ったらやはり赤い魚。

サイズも良かったので、タモ登場。

この頃には波が1m近くまで落ちてるんで、簡単に2段下まで降りることができました。

そして、ひょいとすくってEND。

40弱のコブダイでした。

C190034.jpg


これはコラーゲンたっぷりでヌルヌルするけKど、白身でごっつ美味い魚です。

R指定ポイント1号では2~3回に1回の割合でよく釣れます。

これで帰りのお土産はゲット。

ただ、同じ赤でもやはり本命マダイがな~!




さてさて、次は25cmくらいのグレがヒット。

持って帰ろうかどうしようかお悩み中。

そこへオラの後ろを通りがかったルアーマンBさんに贈呈する事にしました。

シーバスやハマチはよく釣っても、グレは滅多に手に入らんやろうから。

この後、もう1匹グレが釣れました。

その後、ハマチの回遊があり、オラにもヒット。

というか、仕掛けを回収している時にたまたまオキアミが残っていたんだろうで、それが弓角みたいになってハマチがヒットします。

その前にもウキへアタックされてました。

ハマチでもツバスっぽいのではなくて、少しポテッとしてたんで、2号竿を弓なりとまではいかないまでも、そこそこ楽しめました。

今日3回目のタモ入れですが、波はかなり小さくなったので、余裕でタモ入れできました。

45cmのポッチャリ君です。

C190036.jpg


で、ハマチは当然RAN家ではご法度なので、ハマチもルアーマンへ贈呈しました。

丁度、同じくしてルアーマンAさんにもハマチがヒット。

ほぼ同サイズでした。



その後、ルアーマンAさんにシーバスがまたヒット!

でもでも、取り込みの手際の悪さもあって、磯際でモタモタ。

C190038.jpg


そして、なんとかタモ入れしたものの、タモがビリッ!

一部が破れてしまいました

それでもシーバスはきっちりゲット。

1匹目と同サイズの60cmクラスでした。

しかし、これを抱えての山越えはしんどかろうに・・・




さて、オラはオキアミボイルが無くなったので、ルアーにチェンジしてみました。

今年の春に1回使ったっきりのルアーロッドで、これでヒラマサ狙ってみようと思ってます。

まずはトップ系を探るべく、シンキングペンシルや立ちペンシルを駆使して表層を賑わせます。

続いて14cmのミノーでトップ下を高速リーリング。

続いてシンキングペンシルをボトムまで鎮めてジャーキング。

続いて40gのメタルジグでボトムジャーキング。

ありとあらゆる方法でヒラマサへアピールしたものの、なんも起こらず。

そのまま止めて帰ることにしました。

帰りの道中、潮溜まりにはルアーマンの釣った魚+オラが贈呈した魚が横たわってました。

C190039.jpg




家に帰って、早速コブダイを西京漬けにしました。

そしたら夕方になって、やはり届きました。

何がって・・・ハマチです。

近所のボートマンが夕方に行ってたみたいです。

他にサゴシも貰いましたが、こっちのほうが嬉しいですね!

早速、サゴシも西京漬けにしました。


スポンサーサイト
別窓 | カゴ釣り | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<淵小屋2010最終戦 | へなちょこ釣り日記 | 12月9日 カゴ戦 ~その1~>>
コメント
2号ロッドで
2号ロッドで軽量カゴorフカセで青物やマダイというのは、心くすぐられるけど、磯で独りとなると、タモ入れたいへんですよね。
青物元気いいと磯際180度回転とか・・・竿とタモ持ったまま「おい、待て!そっち行くな!」爆 レバーブレーキあると止まるって聞いたけど持ってないし・・・。

マダイ残念でした。
2010-12-22 00:51| URL | Kazu@岡山 #G9QIIRpA[ 内容変更] |
>Kazu@岡山
以前も何度かあったけど、波があるとしんどいですね。
せめて少し明るいか、真っ暗でも波が1m程度ならなんとかなったんですが。
今回は波で魚が引っ張られるんで、即座にラインが出せるドラグ付きレバーブレーキが欲しかったです。
ちなみに、ハマチなら2号ロッドで簡単に止まりますよ!
どの魚でも頭を水面から出せば動きが止まりますし。
2010-12-24 01:20| URL | RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。