SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
8月29日 鮎釣り ~その3~
2010-09-03 00:00
川の中州に竿とタモと引舟を置いてるんで、すぐ戻りました。
ただし、中州は小さいので竿は畳んで、タモの上に置いてます。

竿は大事にしましょうね。

さてさて、鮎がデカいもんで、数が少なくても引舟が満杯になってきたので、また草ボーボーな中を掻き分けて、オトリ缶を持ってきました。

そして移した時に見た感じでは・・・大体20匹無いかな?

ただ、オトリ缶を上流100m先の上がり場に持ってくのはしんどかったから、ここはそのまま缶を沈めました。

1時間休ませた浅トロを再び攻めて3匹。

次はまた二股の瀬もじっくり攻めて4匹。



丁度この時、A市の爺ちゃんらがお帰りモードでした。

掛かるのは掛かったと思うけど、ヒッ・・・ヒッ・・・引舟がぁ!ってなほど掛かった様子は無かったです。



そして、淵さんが好きな小さな深場に到達しました。

ただし、アシの根が張り出してるんで、ここはちょっと放ったらかしって訳にはいかなさそう。

ラインを張ってしっかりとコントロールします。

そこで1匹、2匹、3匹と数を稼いで、4匹目。

見事に根に潜られました。

仕方なく場荒れを承知ですぐに川に入って、ボサの中から2匹引きずり出して回収に成功しました。

ラインは傷無しでした。

その後、深場の上の段々を攻めて、またコンスタントに拾い集めていきます。

30分経ってからさっきの深場を探ると、2匹ヒットしました。

8290403.jpg


これからは段々の瀬になるので、足で数を稼ぐしかないでしょう。

さてこれもどっちから入る?

左岸に立って右岸を攻める?

右岸に立って左岸を攻める?

結果、釣りはサウスポー(左手で竿を持つ)で左岸から入るのが好きなので左岸に立つ事にしました。

左肩で竿をかつぐので下流に向いてオトリ交換した時に竿が川側に向くので、左岸からのほうが竿がボサに掛からない為です。

右岸に入るとどうしてもボサに当たってまうからね。

という事で、左岸からアタック開始!

8290406.jpg


まずはすぐ上の流芯にオトリを飛ばします。

そして立て竿で鮎を泳がせ、ボサに掛からないよう細心の注意を払います。

すると大石の脇を過ぎたところで目印を見失いました。

そしたら鮎がオラの脇を通り過ぎて、下がっていきました。

慌てて竿をさばいて鮎の動きを止めて、すかさず引き抜きっ!

のっけから22cmでした。

これを投げて次の流れに入れて、流芯と流芯の間の流れの緩いところでスコーン!

これは18cmながら、オトリがデカいので抵抗感ありありでした。

こういった感じでスコーン!スコーン!と掛けていきました。

ただし、オトリを投入する起点のみこちらが決めて、後はオトリに任せて放ったらかし状態です。

それで面白いように鮎が出てきます。


やっててわかったけど流芯よりも脇や石裏など緩いところでのヒットが目立ちます。

なので流れの速いところは無理に狙いません。

でもストレートの流れなら着いてるので、きっちりと攻略していきます。

こうして100m区間を2時間かけて釣り上がりました。

最後は掛かりがガクンと落ちたので、これで止めとしました。



そして100m下にずっと沈めてたオトリ缶をヒーコラヒーコラ取ってきました。

引舟の鮎をまとめてオトリ缶に移して、この時点で弱ってる鮎を1匹抜きました。

そして、急いで川を上がって車まで戻って、オトリ缶に氷を入れて水温を冷やします。

この鮎は知り合いに頼まれてるんで急いで持って行きます。

15分後に知り合いんとこに到着したら・・・



オッ・・・オッ・・・オトッ・・・オトリ缶がぁ!



なんと鮎が8割弱って、横たわってました。

やっぱ入れすぎだな。

弱った鮎はすぐに氷水で〆て、生き残った鮎を冷たい井戸水に浸けました。

井戸水は水温が16度って事で、これなら十分蘇生できるでしょう。

8290407.jpg


そして、数を数えてみました。

〆たのが38匹

オトリ缶に残ったのが8匹

上がり1匹

合計47匹でした。

缶に46匹って、そりゃ入れすぎってもんだ!

そして、〆た鮎をサイズ別に分けてみました。

20~22cm 17匹

17~20cm 14匹

17cm以下 16匹 

専用区では平均サイズが小さくて17cmは良型(たまに掛かるデカいのは大型)になるので、見事なまでの大型ぶりです。

つか今回は25cmが出ませんでしたね。

今回の場所は川が少し開けてたし木もそれ程無かったんで9mで良かったけど、8mならもう少し操作しやすかったかな?

狭い場所の大型用に8mの竿を買うかな?

ただ、支流用の竿は殆ど中硬硬か早瀬抜きが多いから、大型用の竿は無いかも?

それに、何度も入るならナイフ持参で、覆いかぶさってるボサの根を切っておきたいところだ!

やはり釣りには鎌が必要です。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オッ・・・オッ・・・オトリ缶がぁ! | へなちょこ釣り日記 | 8月29日 鮎釣り ~その2~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |