SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
8月29日 鮎釣り ~その2~
2010-09-02 00:00
さて、今回は殆ど初めてのポイントなので、立ち位置から何から計算に入れつつ川に入りました。

しかしながら、最初の浅トロは全然掛からず。

20cmをオトリにしたのがマズかったかな?

とはいえ、デカ鮎が多いこのエリアで20cmをオトリにして悪いと言うことがあろうか?!(と支離滅裂な意見)

そしてやっと1匹掛けたら21cmでした。

これをオトリにするが、全然音沙汰なし。

ケラレも無し。

単に密度が薄いだけのようで。

さすがに網区だけの事はあるわな。

どんなエリアでも浅トロはきっちり入れるようで・・・。

ただ、ここで意地になってたから1時間ほどロスしてしまいました。

でも上の段の平瀬では、流れ込みや対岸のボサ周りなどポツポツ掛かりました。

時間も10時になってたから、トロタイムがスタートしたのかもしれません。

ただし、サイズは中型多しといったところかな。

ここでデカサイズは2匹ほどでした。

さらに1段上に上がり、また浅トロに出ました。

鮎が見えないし石の色も変化が無いけど、流芯を中心に泳がせて縦横無尽に泳がせました。

丁度、浅トロの尻にいましたが、竿いっぱいまで泳がせたら、20cmクラスがググッ!

やはり居ました。

それからは少しずつ立ち位置を移動しながら流れの部分を中心に広範囲に泳がせて、デカ鮎を拾っていきます。

8290399.jpg


今回はきっちりと大型対策しているので、上飛ばしでもハリスが飛んだり針が折れたりはありません。

ですが、在庫処分中の針だけにケラレが何度かありました。

浅トロでは鮎の追いが強いので一緒に泳ぐだけってのは少ないけど、流れのあるところでは一緒に泳いでるのが見えて、なかなか掛からずもどかかった事もありました。

それに、ここの浅トロは広いし障害物が無いので9mがいいね。

ただ、網区だけに全体的に居るって訳じゃなく、流れ出しの部分にしかいませんでした。

浅トロを完全に攻略した後は、次の瀬へ。

次は両岸に瀬があって、真ん中が馬の背になっています。

8290401.jpg


さて、どうやって釣ろう?

今は左岸から上がっており、左岸の瀬を上飛ばしで釣り上がってから右岸の瀬を攻めるか?

それとも左岸は潰して右岸を攻めるか?

ちなみにどっちもそれなりに魅力あるポイントです。

出した結論は、馬の背に立って、両方とも上飛ばしで攻めていく事にしました。

野鮎に警戒されないよう姿勢を低くして、どんな状況でもオトリを上流に向けて泳がせて、掛かったら抜けるところで抜く。

これを繰り返して、コンスタントに掛けていきました。

そしてあらかた探った後にもう一度同じところを鋭角釣法で竿を寝かして、釣り残しを拾っていきます。

そしたら、3匹拾いました。

でも21cmをオトリにしていた時に、掛かった瞬間に不覚にもボサに潜られてしまい、メタコン0.125号がプッツン!

ボサに入ったとたんに目印のちょい下が切られました。

ヨシの根に擦れてしまったようで・・・

立て竿なら自由が利くから即座に対応できるけど、鋭角だと上か下のどちらかで横(ボサ)への対応はできんから、一杯喰わされました。

デカオトリ+デカ鮎だっただけに勿体無い!



とりあえずここで昼飯にする事にしたけど、問題は引舟。

川の上がり口はあと100mあるけど川原なんてないから川を上がっていくしかない。

でもここから上はまだまだ沢山釣れそうだからポイント潰したくないし。

さりとて昼飯を止めてまで釣るほどこの日は天候よくないし。

簡単に言うと、めっちゃめちゃ暑かったんで休憩+水分なしでの釣りはヒジョーに危険です。

という事で引舟と竿をそのままにして一旦休憩する事にしました。

ただし、草ボーボーの河原を50m突っ切って護岸に上がるのは超しんどかったです。

それでもなんとか道ができたんで次は多少楽に戻りやすくなるかなと。

車に戻ってアクエリを一気にガブ飲み。

そしたら汗が一気に出てきました。

隣の車でオラの200m上流でやってる人が休憩してて、話を聞きました。

A市の方で、専用区が水が無いから上がってきたようです。

60歳くらいなのにこんな渓流相の川を釣り歩いている健康バリバリな方でした。

ちなみに組合から



「昆虫館の上まで放流してるから、鮎はおるはずだ!釣ってみてくれ!」



と言われたらしい。

けど、釣りが成立するほど天然鮎がそこまで上がっとらんやないか!

しかも放流した数は少ないし、今年の放流鮎はサイズが小さいぞ!

デカくても18cmしかあらへん!

天然が遡上できるように千原堰堤と千谷堰堤の段差をなんとかしたってくれ!

つか、人に釣らして情報集めてないで、自分から竿出して情報提供してくださいな!


~ 続く ~

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<8月29日 鮎釣り ~その3~ | へなちょこ釣り日記 | 8月29日 鮎釣り ~その1~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |