SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
6月3日 朝夕変則鮎釣り
2010-06-06 00:20
解禁日にダメだった早朝場所を探す為、出勤前フィッシングを敢行しました。


前回の第一ポイントは水量が減ってたのでどうかと思いましたが、とりあえず夕方に爆ったポイントに入ってみました。

5時45分にオトリを投入し、流芯に入れてみました。

しかしながら5分経っても流芯では掛からず、逆にオトリが下がる始末。

ここで粘ってはいかんと、10m上の少し流れの緩いところに移動しました。

すると、ググッ!

慎重に引き抜いてタモに収まったのは、16cmくらいのオトリに最適な鮎でした。

続いて同じようなポイントを攻めていたら、太郎さん登場。

そして太郎さんと一緒に下のマス瀬を攻めてみました。

太郎さんにはさっき掛かった活きの良いオトリをあげました。

しかし、掛からん!

オラも太郎さんも掛からん!

そして、15分後にやっとググッ!

キタ~!

と思ったら20cmくらいのアユカケでした。

こらあかんとオラは20分で見切りをつけました。



最初に入った瀬に戻ってみるが、流れきつくてやはりオトリが下がります。

という事でさっき掛かったポイントに戻りました。

瀬頭の部分に差し掛かったところで、やっと2匹目。

オトリ交換して泳がせると、対岸の際で本日最大の17cm。

ただ、掛かりどころが悪かったのか、オトリ交換したらローリングしてしまいます。

ちと落ち着かせてから吉田健二ばりに対岸へ飛ばし、際の緩いところを攻めるとまたググッ!

ここで6時50分となり、タイムアップとなりました。



1時間で4匹ですが、実質は瀬頭を攻めてたのは40分足らずでした。

なもんで、瀬頭ばっかり攻めてればもうちと釣果は上がったかなと。

とりあえず、我らのオトリ基地から一番近いところで朝夕場所があった事は、オトリの循環のみならず、今後の戦略構想で多いに役立つでしょう。

朝一候補の調査場所はまだ他にもあるので、もうしばらく出勤前フィッシングしてみます。



仕事が終わって、6時半からまた入ってみました。

実は鮎は夕方は7時半まで友釣りできます。

7時半を回ると目印が見えなくなるので、これで終わりです。

という事で、前回爆った夕上り場所に向かいました。

川はもちろん毛鉤師以外、誰もいません。

夕日もあと20分で落ちます。

そんな中で、オトリを放ちます。

水量が少し減ったので、オトリを泳がしやすかったです。

そして、瀬頭の上の緩やかな流れに差し掛かったところで、水中からキラッ!

17cmの良型でした。

それから10分おきにヒットが続きました。

そんな中でもケラレや空中分解もありました。

針交換もあと1匹、あと1匹と思ううちに替えるタイミングを失してきて、結局は最後まで全く変えずでした。

夕日も沈んで、さすがに7時20分になると目印が少し見づらくなったので、止めにしました。

結果、6時半から7時20分までで5匹でした。



朝と合わせると、約2時間で9匹とまあまあかな?

やっぱ短時間でも針交換はせないけませんね。

6030098.jpg

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<6月5日 鮎釣り | へなちょこ釣り日記 | 6月2日 淵さん苦境に立たされる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。