SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
11月8日 磯釣り
2009-11-12 00:00
土曜日、阪神競馬場から帰ってきたら、いつものごとくハマチが2本ありました。


日曜日は青ジギとマダイカゴの二刀流の予定だったけど、マダイカゴとチヌフカセの二刀流に切り替えました。

3時に起きて出動予定だったけど、夜に「すべらない話」を見てて、寝るのが12時になってしまいました。

これで3時起きは無理だから4時起きに切り替えました。



かくして4時に起きたんですが、当然寝不足なので、まだボーっとしてて、なんとか4時半には起きて、準備しました。

そしたら、陰干ししてた柄杓が無いことに気付きました。

子供がどっか持ってったか?

無いならしゃーない。

行きがけに川夏釣具店さんとこへ買いに行ってきました。

高いのばかりかなと思ったら、安いのがあったので2本買いました。

道中、波ゼロを確認したので、波ゼロの時しか行けれない磯場に行ってきました。

途中で藤岡渡船が見えて、他の渡船が運休に入ったせいか、人が沢山乗ってました。

やっとこポイントに到着したのは5時40分。

まだ真っ暗だけど、もうじき東から薄明るくなってきます。

準備に取り掛かろうとしたら・・・・・・無い!

さっき買った柄杓がリュックにありませんでした。

せっかく買ったのに、車に忘れてきたか。

まぁマダイに柄杓はいらんからいいけど、チヌ狙いの時に困るな!

それでもやっとのことで釣り開始。



SC00487.jpg




青ジギやグレ狙いではよく来たこのポイントもマダイ狙いとしては初めてなので、とりあえず最初は深さを測ってみました。

そしたら潮が浅場から馬の背を越えて沖に流れて行ってるので、約12m→約8m→約20mといった感じ。

タナ取りがさっぱりわからず。

とりあえず、浅場から馬の背までを攻めてみることにしました。

そしたら馬の背あたりでベラ、ガシラがヒット。

続いて本命のマダイがヒット!


SC00489.jpg




ただし、サイズは8cmくらい!

もちろんリリースです。

それからもコブや馬の背でガシラがよくヒットします。

ただ、サンバソウやスズメダイという天敵がいないので、餌がたまに残りました。

やはり水温低下の影響すな。

でも、馬の背で根掛かりして、仕掛け一式をロスト。

やはり馬の背の攻略はむずいす。

時折海面が騒がしくなり、魚が高速で走ってるのが見えます。

どうやらツバスの群れのようで、仕掛けを回収している時だけにヒットします。

サイズは30cmちょいで、もちろんお帰りいただきました。

時刻は7時を回ったので、次は沖に流れる潮に乗せて、馬の背の壁から深場にを流していく事にしました。

ここでもコブのあたりにくるとガシラが釣れました。

ただ、沖を流しても7割の確率で餌が残るので、このままずっと流していくべきか方法を変えるか悩みました。

9時になり、タナを上げたり下げたりしても餌がかなりの確率で残るので、もう一度浅場を攻めてみました。

そしたら馬の背で根掛かりプッツン!

2個しか持って来てないカゴ仕掛けを全部失ってしまいました。

カゴ釣りで根掛かりなんて滅多に無いんだけどな~やっぱり馬の背は厳しいな。



しかたなく、フカセに切り替えました。

問題は柄杓が無いので撒き餌を投げるのに苦労すること。

仕方ないから最初は大量に手で撒いてポイントを作り、それ以降はメゴチバサミで、バラけながらも撒いていきました。

でも浅場はなんも釣れず。

ていうか、餌が100%残ります。

となれば馬の背か?

でも馬の背まで撒き餌が届きません。

仕方なく、テトラ帯に移動しました。

そしたら撒き餌に雑魚が寄ってきました。

その雑魚を避けるように釣ろうとしたけど、どっちにしろメゴチバサミではまもとも撒き餌を撒けれませんで。

まぁ仕方ないので、適当に釣ってました。

そしたら釣れるのは木っ端グレ、ベラに続いて小アジ。

小アジ?

しめた!

すぐに潮溜まりに生かしておいて、アジ狙いで雑魚の中に仕掛けを投入。

そしたらもう1匹釣れました。

その後は撒き餌が少なくなったので止めました。



すぐに仕掛けをチェンジして、次は鮎の友釣り・・・じゃなかったアジの泳がせをしました。

手持ちの中で一番大きな針で柳針(2本針)を作り、オトリアジに鼻カン(鼻針)と背バリを打つ。

そして、流芯へ空中輸送。



SC00492.jpg




仕掛けがなじんだところで立て竿にしてフリーの泳がせにしました。

魚が掛かるまでの間、撒き餌を全部捨てて、片付けてたところにオバセてたラインがピンと張りました。

すかさずゼロオバセで様子を聞いていると、何やら動きが激しい。

ヒラメの可能性もあるから、ラインに当たりが来てから30秒くらい経ったところで、ガツン!と大合わせをくれました。

竿が弓なりに曲がり、強く締め込んできます。

でも、想定してた魚ではなく、こりゃどうも青物のようで。

ウキが見えてくると、その下に予想通りの影が見えたんで、少し落胆。

それでも最後はタモを使ってEND。

45cmくらいのハマチでした。



SC00491.jpg



本当はマトウダイかヒラメかアコウ、あわよくばヒラマサを狙ってたんだけどな~。

鼻カン(鼻針)が胃袋まで到達してて、取るのに難儀しました。

続いてもう1匹のオトリアジを使って再戦。

ただ、この時には11時を回っており、潮の動きが朝ほどではなく、じんわり流れていくだけでした。

そのせいか、何度も何度も流してもなんも掛からず。

結局、タイムアップとなりました。



結果、

ガシラ7匹
ベラ4匹
ツバス2匹
小アジ2匹
ハマチ1匹
木っ端グレ1匹
チャリコ1匹

でした。

スポンサーサイト
別窓 | 青物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<11月某日 海戦 | へなちょこ釣り日記 | 最近、ちと困ってます。 >>
コメント
ちなみに…
この翌日にもまた近所のボートマンからハマチ2本もらいました。

とにかくハマチはよく釣れまっせ~な状態とか。

この状態の中で、なんとかマダイとヒラマサのみを狙いたいと思います。
2009-11-13 15:52| URL | RAN #-[ 内容変更] |
ひさしぶりに
今週末、ひさしぶりにフカセでチヌ釣りしに行くことになりました。
境港になりそうです。ポイントをどこにするか、これから聞いていくところ・・・。
磯場だとたぶん釣れそうにないので、沖波止か水道になりそうです。



アジの泳がせ・・・針の付け方しぶすぎるぅぅ(笑)。
2009-11-18 23:29| URL | Kazu@岡山 #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。