SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
7月10日 鮎釣り ~ネット上で激戦~
2008-07-14 00:00
鮎釣りの途中に一時撤収した理由を話す前に、まずは折れた竿から遡ろう。
竿が折れて翼を失ったオラは、自由に羽ばたけない!

あれ以降、実は本日も15年前のサブ竿(TENRYU)を使ってました。

良い竿なんですが9mで290gとちと重い!

なので、早急に次の一竿を買うことにしました。

まずは使わなくなったダイワの銀影競技10mを売ることに。

定価が248,000ですが、元々オークションから83,500円で落としたものなので、そんなに高くはありませんでした。

これをまずは修理に出しました。

ダイワ製鮎竿を持ってる人は知ってるやろけど、持ち手がベタベタします。

これをダイワにて再コーティング。

他にも色々直して、修理賃は7千円。

これなら満足していただけるやろ。

これでオークションに出しました。

オラの予想では5万円になればいいかなと思ってたところ、69,500円になりました。

7千円かけて修理した甲斐がありました。

結局のところ、83,500円-69,500円=14,000円。

3年使用してたから年間使用料は4666円。

こりゃ安い買い物じゃった。





続いて、新たな竿にとっかかる事に。

予算は先の売り上げ69500円を足して、10万円を計上。

ちなみにRAN家では、釣り道具の購入に関してはオラに全て決定権があり、仮に10万や20万の竿買うのにいちいち嫁の決済はいりません。

また金額を隠し通す必要もありません。

すべからくオープンです。







最初に目をつけたのが、ダイワの銀影・冴。

中硬硬という釣りの本質を持ってる竿で、定価は14万円。

特価で10万円を切れば買いだけど、これが10万円を切ることは滅多にない。

ヤフオクでは業者が30%引きで出してることがあるけど、業者のを買うと消費税5%が付くから、結局は25%に送料2000円くらいに振込み手数料がかかって、結局は22%引きくらいになっちまう。

高いね~!

でなんだっけ?

そうそう、その銀影・冴が2回使用で出てました。

こりゃ買いだ!

早速入札だ~!

まずは目標価格は85000円として、それ以上なら買わない事に。

しかし、競り合えば競り合うほどに金額も上がり・・・85000円でも落とせず・・・

無念の終了!







続いて、目をつけたのが下野メジャーブラッド・ライトバージョン05年製こんないい竿が出んの?

でもDSだから今のより1つ前のバージョンか。

今のほうが少し軽くて剛性あがってるけど、まぁしゃ~ない。

おまけに、初期版でよくある不具合も直してくださってるし。

早速入札をば!

・・・しかし、こいつは勝負が早かった!

オラともう1人との一騎打ちでしたが、あっという間に10万円を越えました。

こうなればオラも降参!

まぁ元々13万円くらいいくやろと思ってたし。

それに岸田川によく来るある人が同じ竿使ってるので、ちょっと嫌だった部分もあったし。






そんなこと言うてたら、竿が買えんぞ~!

いくつか候補はあったけど、いよいよダイワのエアシリーズが立て続けに出てきました。

1.3年前のエアトルク・タイプ2

2.現バージョンのエアエッジ・タイプ2

3.現バージョンのエアトルクⅡ・タイプ2

エアトルクとエアエッジとでは、エアトルクのほうが人気が高く、実際にオークションでもその傾向がありました。

なので3は12万円は確実やろから1と2に絞ることにしました。

ところでエアトルクはA調子、エアエッジはT調子。

これって何?

ダイワのカタログやHP見てもわからんから、ここは竿にはちとうるさいあの御方に聞いてみよう!

あの御方が去年買ったという竿はたしかA調子と言ってたし、となればAはオートマか?

となればTは何だ?

ってんで、1091殿の「なんでも質問箱」に投稿。

返ってきた返事は、

「Aはオートマ調子、Tはチューブラー調子。おまけにエアトルクⅡのほうが人気が高くてお奨め!」

と言うことで、オラ的にはそれくらいの違いなら気にしないから、結局のところどっちでも良いってこった。

終了時間を見ると1、2、3で終わるのでまずは1を猛アタックし、あかんかったら2に取り掛かろう。






じわりじわりと上がっていくが、15分前に49000円になったが、まだまだ食いついたらいかん!

10分前になったので、まずは自動延長してるかどうかを見極める為、軽く入札してみる。

そしたら案の定、予想通り自動延長していた。

となれば、金額勝負になってくるので、一気に65000円まで入れた。

そしたら61000円で最高入札者となった。

それからチョコチョコと値が上がっていく。

入札履歴を見ると、その頃にはオラともう1人とで一騎打ちとなっていった。

そして、金額が65000を越えて最高入札者から外れたので、次は71000円を入れてトップに。

それからまた少しずつ上がっていき、ついには71000円で終わりそう。

これなら殆ど銀影競技からエアトルクに交換したようなもんだ!

安くあがったなぁ。

しかし、残り1分になったときに、また最高入札者から外れたので、また80500を入れてトップに出た。

相手もなかなか諦めきれんようで、値が少しずつ上がっていく。

おいおい~!

いい加減諦めろ~!

と思ってたら、80500円の上をいかれた。

一騎打ちが始まってから既に30分が経過。

オラはまだ予算に余裕があったので、次は91000円まで入れて、またトップに。



しかし、92000円を越えたら下りようと思っている。

と言うのも、この竿は業者が出してて、消費税を取られるからだ。

92000円だと消費税4600円取られ、さらに送料と代引き手数料など入れると98000円を越えてしまう。

だから早く相手に下りて欲しかった。



それでも80500・・・81500・・・85500・・・と値がつり上がっていく。

で、最終的に90000円で動きが止まった。

あと1回向こうが吊り上げてくればオラは抜ける予定だったが、どうやらここで終わりか?

と思ったらやっと終わった。

結果90000円でした。

これに消費税が付くから94500円、送料などを足すと96000円でした。

一騎打ちが始まってから1時間。

なかなか冷や汗もんでした。

これが7月8日の出来事。





10日に1091殿と釣りしてる最中に嫁から「竿が来た!」との電話で、途中に抜けて受け取りに行きました。

んで、釣り場に戻り、パッケージを開けると・・・綺麗だ!

予備パーツの事は書いてなかったけど、3番が入ってました。

確かに予備のほうは玉口に欠けがありました。

穂先は無かったので、まぁ少し硬くしたかったら自分で3cmカットするか?

特に傷みとかも無く、まぁ綺麗なほうでした。

これが今後10年のRANを支える竿になってもらいたい!


んで、昼になったので皆に「飯するぞ~!」と声をかけました。



~続く~
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<7月10日 鮎釣り ~次は誰が~ | へなちょこ釣り日記 | 7月10日 鮎釣り ~平穏な釣り~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。