SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
6月2日 鮎釣り2戦目
2008-06-08 00:00
淵小屋で久しぶりにビールをしこたま飲んだのと、前日の疲れがどっと出てきて、体がまともに動きません。

それでも6時半にはポイントに着きました。

昨日は5時半の時点で20人はいたのに、だ~れも居ません。

まぁそれはそれでありがたい事ですが。





最初は専用区内の一角に入りました。

いわゆるオラ達の通称:マス場所です。

オトリを入れて何秒経ったんだろ?

すぐに目印が怪しげな踊りを!

したら、やっぱ掛かってました。

13cmぐらいだけど、まぁいいや。

それをオトリにして放つ。

しばらく掛からず、瀬を少し下がってみました。

そこでやっと2匹目がヒット。

それから全然掛からず。

ポイントを移動するも芳しくなく。

ま~いわゆる、解禁日に相当抜かれたか?

それとも、朝日が当たってないから鮎の活性が低かったか?

すぐ見切りを付けて、ポイント移動する事にしました。







次は昨日、オラ達が入ったポイントに入ってみました。

全然芳しくないです。

ポッツン、ポッツンとは掛かるけど、全然悪い!

こら天候が曇りに加え、水量が少し減ったから、全体的に活性が悪いよう。

あかんね~。





8時には淵さんも登場。

でも、こんな厳しい状況に淵さんは悪戦苦闘するやろな~!

と思ったら、案の定。

10時まででゼロでした。

ちなみにオラはこの時点で5匹。

良い食み痕はあるのにな~。

(他の食み痕よりも大きかったです)






MGP4099.jpg






オラはふと気になってる竿抜けポイントでやってみる事にしました。

普通に考えたら誰も攻めない小場所です。

オトリがオラの考えを理解してくれたのか勝手にそっちに向かってくれたので、小場所攻略も楽々でした。

ここぞというポイントに入った時に、水中から銀影がキラリ一閃!

14cmではあるが、元気なオトリを確保する事ができました。

それから12~15cmぐらいの全部で5匹。

最低限のツ抜けは達成しました。

チビであっても元気なオトリは、何より鮎師の生命線です。







MGP4101.jpg








淵さんに新たなオトリを補給して、淵さんも違う場所で攻めることに。

さらにちょい上に気になってるところがあったので、そこでやってみると・・・

全部で5匹掛かったそうな。

4匹はすんなりタモに収まったけど、1匹は脂鰭の無い鮎(ただのウグイ)。

もう1匹は「テニスの錦織のスマッシュばりにタモでオトリをはたいてしまった!」らしい。(本人談)

かくして3匹。

まぁそれでも元気なオトリが確保できただけでも良しとしよか。

昼になったので、ポイント移動しました。






次の場所も前々から気になっていたポイントで、人がいなかったので入ってみました。

ただ、オラは前日の疲れと寝不足で40分のお昼寝。

淵さんは瀬を釣りながら下がっていくが、瀬では掛からなかったらしい。

それで瀬尻まで下りて来て、ついて1匹掛かったようだ。

それから淵さんはコンスタントに瀬尻から鮎を引き出していきます。

オラは淵さんの下のトロ瀬に入ってみたが、こっちはポツ・ポツ程度。

オトリを広範囲に泳がせるが、どうにも掛かりが悪い。



ちょっとポイント移動して、次は淵さんの上に入ってみました。

暫くすると、目印が「コン!」

何やろと確認してみたら、ハリス切れでした。

そんなごっつい奴でもいたんか~!

なんと勿体無い!

次は大物仕様にハリスを繋いだが、16cmの至ってフツーの鮎でした。

ここでは結局5匹。

3時間でこれじゃあかんで~!



淵さんはここでお帰りで、この日は結局14匹でした。

最後の背尻で3時間で12匹釣れたようです。

2日連続ツ抜け達成はもしかしたら初の快挙だったような・・・

それでも今回は掛かってもすぐに上げずに、タメを作るよう努力してたので、オトリ+掛かり鮎のバンジージャンプは減りました。







さて、今は16匹。

これじゃ終わるに終われへんな。

夕方だし、上り場所がどっかにあるはずだ!

ってんで、ものは試しにとあるポイントに入ってみました。

オトリがす~っと泳いでいき、対岸に到着して上がりかけたとたん、目印を見失うほどの強烈な当たりがっ!

中硬硬の竿なので、掛かった鮎は縦横無尽に走ります。

そこを石の裏で止めてタイミングを見計らいながら引き抜きっ!

20cm・・・はいってないか?

それに近い良型でした。

それからと言うものの、2本ある筋の対岸側からポンポン掛かります。

お~これぞ夕方の上がり場所や~!

ここは大事にとっておこう!

あっと言う間にこの場所で10匹掛けました。

しかしバラシが多く、実際には1.5倍くらい掛かってました。

それからちょっと掛かりが落ちたので、鮎が上に走るのと一緒に上流へ移動していきました。

それからも少しずつ拾っていき、5時半には上がりました。






今日の合計は29匹でした。

あと1匹が惜しかったな~な1日でした。

とにかく、釣れなければすぐ見切って移動する事にしよう!



MGP4105.jpg


スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<やっちゃった~! | へなちょこ釣り日記 | 釣りの後は恒例の宴会会場へ>>
コメント
あゆとはかくも簡単に釣れるもの?
まあ、当然腕が違うんでしょうが、
スーパーウェポンに同締めと色々研究はしてるんですが
きっと何か足らないものがあるんでしょう。
でもまあ、小物釣り師としては10匹を目標に
今年はぜひ岸田川に行ってみたいものです。
2008-06-16 20:26| URL | 小物釣り師 #-[ 内容変更] |
小物釣り師さん
「朝瀬・昼トロ・夕上り」の格言を元に、人の多い激戦区を避けて、とかく人のいないところに行けば、2~3時間でなんとか二桁釣れます。

背針とか胴締めとか難しいことをせず、とにかくストレスなく泳がせてればポロッ!ポロッ!と掛かりますよ。

泳がせるという意味では淵さんがやってる「稲妻」なんかすんごい楽ですよ。

後はこまめに移動する事ですね。
2008-06-16 23:56| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |