SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
2月3日 セリ市
2008-02-10 00:01
今、どんな魚が元気なのか、調査してきました。

場所は諸寄漁港。

競りは8時半からなので、8時に見に行きました。

到着して、早速見に行くと急いで魚を選別していました。

今日は日曜日だったので、船が沢山寄港していました。





市場の真ん中から眺めると・・・






MGP3712.jpg








ず~っと奥までぎっしりです。

沢山の底曳き網漁船から浜揚げされています。

反対側も、沢山揚がってます。







MGP3726.jpg








その半分以上は、カニです。

青や黄色のプラ箱は松葉ガニや若松葉ガニが入っています。

今までは地べたに1枚1枚並べていましたが、今は品質を高める為にプラ箱に海水を入れてブクで生かしてます。

そして、甲羅の大きさ、重さ、指の数、身焼け具合、傷等で選別されます。

浜坂はだいたい30種類ぐらいですが、香住になると50種類くらいに分別されます。







MGP3713.jpg








特上の部類になると、秤に乗せて1枚1枚重さを量っていきます。

1200と書いてあるのは1200gです。

右の腹を見せてるのが1300gあります。







MGP3728.jpg








これが本日最大、1400gのカニです。

末端価格になると2万円出しても買えません。

これが解禁日の初競りになると、大阪の百貨店で7~10万円します。







MGP3742.jpg








続いて、カニを捕ってるとよく掛かる魚。

「ばばあ」です。

学名は「タナカゲンゲ」と言います。

これは学者の田中茂穂博士から由来しています。

ゲンゲは「下の下」と言って昔はすぐに捨てていた為、そういう名前が付いたそうです。

ちなみに、取れたてなら刺身にできます。

フグのように薄造りにしたら美味いです。

淵小屋の宴会でも何度か披露しています。







MGP3715.jpg








つぶらなお目々が可愛いです。







MGP3716.jpg








これは左が赤バイ貝、右が白バイ貝です。

赤バイはよく刺身で食べます。

赤バイの内臓は、綺麗に取り除かないと食中毒の危険があります。

白バイは内臓も食べれます。







MGP3743a.jpg








こちらは左上にいるでっかいのがホウボウで、他はカナガシラです。

ホウボウは刺身でも煮付けでも美味いです。

投げ釣りの外道で釣れます。







MGP3737.jpg








これはカワハギです。

一番大きいので20cmぐらい。

小さくてもこれだけ数揃えばええ値段します。







MGP3740.jpg








これは赤ナマコです。

実は昼にアイナメ狙いに行った時、黒ナマコを何匹か見てます。

捕りたいけど、サザエやワカメと同じく捕獲禁止リストにあがってますので、捕ることできません。

ナマコを捕獲に行って自分が捕獲されたらシャレになりません!







MGP3729.jpg








サザエです。

船の上から箱メガネと竹棒で捕るので、あまり大きいのは捕れないようです。

でも、いつ見ても寸分違わず綺麗に並べてます。

これを競りにかける時は1個の値段で競り落とされ、×個数で金額が決まります。

なので、競り値は小額です。

一番小さいのは2桁(●●円)です。







MGP3730.jpg








根魚を並べている人がいました。







MGP3718.jpg








左はウスメバル(通称:小麦)です。

右は沖カサゴなんだけど、正確な名前があったような気がします。

誰か知ってますか?







MGP3731.jpg








こちらは半端の魚の寄せ集めです。

ただ、1匹だけ名前がわからん魚が!

この魚の名前を知ってたら教えてください。







MGP3736.jpg








ヤリイカです。

ただ、数が少ないです。

これを含めて3箱しかありませんでした。







MGP3739.jpg







~続く~
スポンサーサイト
別窓 | その他の魚 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2月3日 セリ市 その2 | へなちょこ釣り日記 | 2月1日 根魚 >>
コメント
魚の名は・・
RANさん、ご無沙汰しています。
まとめて読ませて頂きました。冬の日本海でほんとによく釣りに行かれてますね。心から敬服します。
ところで、通常のカサゴより朱色が強くで大型の沖カサゴは、標準和名で言うと、「ウッカリカサゴ」ですね。ただし地域によって沖カサゴが違う場合があると思いますが。
それから、縞模様で黄色い鰭のは、「テングダイ」です。
対馬あたりで獲れる魚だと聞いたことがありますが、このところの高水温で但馬の沿岸までやってきたのですね。
神戸にある珍しい魚を食べさせてくれる店、この酒蒸を食べたことがありますが、結構美味かったです。
そういえば、沖縄でよく食べるスギが若狭湾で獲れたらしいですし、今年は山陰や若狭でイシガキダイが沢山獲れたと聞きました。本来南方に居る魚がずいぶん北上してるようです。
ヒラスズキもそうですが、RANさん釣られたのですね、羨ましいです。
解禁までもうすぐ、今年は解禁日に予定が入ってしまった(涙)のですが、3月にまた現地でお会いできることを楽しみにしています。
では、
2008-02-12 22:00| URL | ひで #eP1cGWnA[ 内容変更] |
>ひでさん
ご無沙汰しております。

山は海岸沿いは雪は積もってもすぐ融けてしまいますが、山のほうは景気良く積もっております。

そうそう、ウッカリカサゴでした。
言われてやっと思い出しました。
テングダイも言われて思い出す・・・なんか忘れっぽくなったような・・・

ヒラスズキが増えたのもやっぱ温暖化の影響でしょうね。
逆に青物が極端に減ったのは残念です。

3月はサクラに時間を割こうと思ってます。
去年、ルイベにしたら美味しかったので、ミニでもいいから沢山釣りたいです。
釣り場で会ったらまた宜しくです。
2008-02-14 21:50| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |