SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
10月27日 青物2戦目
2006-10-27 23:46
今日はちょっとマジモードでの参戦でした。

ちなみに、今日は釣りの為に仕事を休んだわけではない。
用事があったから仕事を休んだのだ。
と言っても用事なんてほんの30分ぐらいなのだが・・・
つまり、釣りに行く時間がたっぷりあるって事!
普段は浜坂の地磯や長尾鼻に行くのだが、今回は年1回しか乗ってない渡船で、沖磯へGO!
と言うのも、翌日に宴会があるので、ぜひヒラマサを食わしたいとの事で、いつも以上の奮発したのだ。

ってな訳で、まず波の状況を見る。
19日は1.5mの波で20日は1mに落ちるとの事だったが、この時点で三尾は諦めた。
だって、三尾は運休が多いもん。
少々の波でも乗船させる浜坂の藤岡渡船に電話すると、「明日は大丈夫ですよ~!」

ってな訳で6時出船で5時40分に家を出たが、途中で海を見ると・・・・・・

波高いやん!
1.5mはあるぞ!


とりあえず駐車場に車を停めて準備して船に乗った。
この日の乗船は10人ぐらい居た。

矢城の先端付近は完全にアウト。
それで諸寄側に半分、残りは東側へ向かった。
ただ、途中で進路が変わり、あるポイントの前に来た時はマジびっくりした。
それは我輩がよく山越えして行くポイント。
そんなところに上げられたら、何のために船を使ったのか・・・
タダで行けるのに、意味ないじゃ~ん!
幸いに名前を呼ばれなかったので助かったが・・・
皆を順に乗せていって、電話をかけるのが前日だった事もあり、最後に船頭に呼ばれた。


「○島に行くか?」


もちろん


「はい!」


何しろ地元民である事を伝えてるので、勝手知ったるって島だ。
てな訳ですぐに向かって、上陸を果たした。
まぁ画像を見てたら誰もがすぐにわかるやろから、あえて名前は言わない。
時刻は6時半。
上陸してすぐに東側を岩伝いに歩いて出っ張りに陣取る。
波が高いのでサラシがあちこちに出来てる。

MGP2150.jpg


最初は青物に専念する為に青物タックルだけにしよかと思ったが、こんだけ波があったら・・・と、駐車場で磯シーバスタックルも詰め込んだ。
さすがにエギングタックルは積まなかったが。


まずはシーバスの反応を確かめた。
サラシを丹念に狙ってみるが、全く反応無し。
一通り探ったところで、ジグにスイッチ。
90gのメタルジグをセットして、フルキャスト!
水深は何mあるだろう?
この時点で長尾鼻の坂ノ下よりも深い。
船頭が「波がないとヒラマサは出んからなぁ。だから今日は出るかもよ!」
この言葉を胸に、無心にジグを踊らす。
しかしながら2時間やっても掛からないので、先端に移動した。

MGP2148.jpg


先端は左右の波がぶつかり合ってて一番きついところだが、1.5m程度なので波がせり上がってくる事は無い。
とりあえず安全を考えて7mぐらいの高台で開始。
まずはお決まりのシーバスの居付きを確認するが、ここもお留守のようで・・・。
エサ師が居ないからベイトが集まってないのかな?
次はジグでヒラマサを狙う。
ジグが底に着くのが遅い。
ショアジギングの中では一番深い場所だ。
最初30分やって、疲れたので休憩。
その後の1投目でグッと重い反応が!
「よっしゃ~!」
と思ったが、生命反応が無い。
上げてみたら案の定、海草だった。
それほど大荒れでもないのに、海草を釣るとはは珍しい。


それからしばらくやってると、今度は「ググッ!」とロッドをひったくるような衝撃!
今度こそ

「よっしゃ~!」

引きの具合からしても間違いなくヒラマサだ!
しかもでかい!
過去の経験から、走られると根に入られるから、強引にゴリ巻き開始。
ヒラマサが走っても、ラインはできるだけ出させないようにして、ちょっとでもひるんだらゴリ巻き。
そうこうしているうちに3分くらいでリーダーの結び目が見えた。
その向こうにくっきりとイエローラインが!
1年半ぶりの対面だ!
サイズも春に釣ったマルゴ(メジロ)と同じか、ちょっと超えてそうな・・・。
最初の突進を受けたが、下に走られただけなので難なくクリア。
次に右に走られるが、根も無いのでそれもクリア。
ただ問題は、どうやって上げるか?
7mぐらいの高台だし、サラシがきついので下に降りられへん。
波の勢いに任せて2段下のコブへ上げたらようとして、タモですくったろ。
ってな訳で、タイミングを計って寄せようにも、波とヒラマサとが全然合わへん。
そうこうしてモタモタしてると、ジグが飛んできた。
口切れバラシ・・・

なんてこったい!!

今年最初で最後であろうヒラマサだったのに!
しばらく呆然自失。
それから再びアタックするも、生命反応無し。
気分転換に今度は西側を攻めてみる。
東側よりも少し浅いが、それでも長尾鼻よりも断然に深い。
そこを30分振ってみるが、当たり無し。
しばらく交互に振ってみるが、もはや敗戦の色が濃い。
迎えの時間が近づいてきたので、無念の撤退。


もしあれを捕ってたら折られたロッドのリベンジが完結してたが、神はまだまだ続きをさせたいようで。
しかしながら、11月に入るとヒラマサの数が激減するので、本当の意味で今回が最後のチャンスだった。
続きは来年に持ち越しだね。



ついでに帰りの画像を載せておきます。


MGP2156.jpg



MGP2162.jpg



MGP2163.jpg



MGP2179.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 青物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10月27日 青物3戦目と言うか鍛え直しと言うか | へなちょこ釣り日記 | 10月21日 久しぶりの青物開戦。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。