SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
11月26日 青物戦
2005-11-26 19:15
この日記を読む前に一言・・・
「久々の長編大作です。長すぎてすいません!」
(年に数回はこんなん書いてます。)


前日、急な仕事が沢山入った為にず~と残業してて、会社を出たのが11時半。
「早く帰らんと寝る時間が無いやんか~!」と急いで家路に着く。
帰りにコンビニに寄ったが、パンコーナーにパンが1つも無かったので、仕方なくハンバーガーと弁当を買った。
家に帰ってあれこれネットを見てて、寝たのが1時半だったかな?。
寝る前なんか「あと3時間半しか寝れな~い!」と騒いでいました。
(早く寝ろよ!)
んで、寝坊しないようにに鳴らすようセットして、即眠りにつく・・・
今朝、5時5分に目が覚めて、昨日全然準備してなかったから、急いで道具を車に積み込んだ。
前日に買っておいたハンバーガーをチンして、家を出た。
時刻は6時前で、外はまだ真っ暗で夜明けの感すら無い。
「もうすぐ12月だもんな~。暗いはずだ。」と、ハンバーガーを頬張りながら運転する。
なぜに↑の発言が出るかと言うと、まだ気持ちは鮎釣り直後のイメージが残っているからだ。
よく考えたら、鮎釣り納竿してからもう2ヶ月も経ったんだな。
逆に言うと、来年の鮎釣りまであと半年だ。

駐車場に着くと、既に京都ナンバーの車が1台あった。
急いで準備するが、目を慣らす為に電気は付けない。
だいぶ目が馴染んできて、懐中電灯が無くてもギリギリ歩けるくらいまで明るくなったので(実際にはかなり暗い)、それからいつもの地磯を目指した。

浜坂はここんとこ雨がよく降っており、山道はかなりぬかるんでいて、落ち葉も重なってよく滑る。
急ぎたい気持ちを抑えながら歩いていくと、目指すポイントが見えてきた。
1人だけ釣っていた。
ポイントに着いたのは6時45分頃で、最近は35分で到達するようになった。
潮目が見えていたので、もしかしたら・・・と期待感たっぷり!
IMGP0501a.jpg

空は明るくなっていて、波は2mぐらいか。
三尾の渡船が休業するのもうなずける。
でも、浜坂の藤岡渡船なら、これくらいへっちゃらさ!
今いるポイントなら2mの波でも上げてもらえたと思う。

余談だが、藤岡渡船なら2m以上の波でも磯渡しする時がある。
去年だったかな?
2~3mの波が出てる時に地磯で釣ってたら、藤岡渡船が目の前を通り過ぎた。
どこに行くんだろうとしばらく見ていたら、なんと三尾の立島の前で止まった。
立島も半分波を被ってて、遠目からも危険だとわかるのに、2~3分ぐらい立島の前でじっと動かなかった。
やがて、立島を諦めてすぐ近くの地磯に人を降ろした。
元々「無茶する船長やわ~!」と思っていたが、あの時はマジでびっくりした。
(浜坂の渡船屋の中でも、一番大きい船を持ってるから?!)

え~と、どこまで進んだっけ?

そうそう、釣り場に着いてまず先行者に挨拶した。
先行者は30代後半ぐらいの京丹後市の方で、今日は6時に到着し、青物とグレが中心との事。
ライフジャケットに所属の釣り倶楽部の刺繍があった。
ここはよく来るらしい。
彼が一等地を取っているので、我輩は一番西の岩に移動した。

サラシが出ているので、まずはシーバスを狙ってみる事に。
ルアーは我輩得意のソフトルアーで、これをワインド釣法もどきでサラシ全部をチェックする。
しかし、どのサラシにもシーバスが居着いてなかった。
すぐさまジグにチェンジ。

今回使うジグは、ボロボロになったものを修復したり、デザインが気に入らなくなって加工したものばかり。
まずは120gからスタート。
西側はやはり浅いな~!と思う5投目ぐらいで根掛かりロスト。
急いで仕掛けを作り直すも、また5投目ぐらいで根掛かりロスト。
なんでやねん?!
暫くすると50代の人が降りてきて、この人も京丹後市の人だった。
どうやらこちらも常連のようで、青物狙いでカゴ釣りをしていた。

遠目に西の方から船が1隻近づいて来るのが見えたが、どうやら藤岡渡船だ。
釣り客が3~4人ほど乗っていて、こちらの様子を見て通り過ぎていった。
我らが居なかったら、このポイントに上がろうと思ってたか。
三尾の渡船が休業しているのに、こちらは元気やね~!
IMGP0496a.jpg


釣り倶楽部の人が、グレ釣りにチェンジした。
すると、ポツポツと小グレやスズメダイなどがヒット。
もう一人の人は、オキアミ付きのサビキで、グレやサンバソウなど五目釣りを始めた。
面白いもんで、ものの1時間で辺り一面サンバソウだらけになっていた。
他にも色んな魚が掛かってて、アジ、スズメダイ、フグ、チャリコ、ウマヅラハギ、キツネベラ・・・ぐらいかな?
五目どころか八目も釣っていた。
数は全部で100匹近くは釣ったんちゃう?
途中で釣り倶楽部の人もオキアミサビキをやってたが、先の人ほどは掛かってない。

肝心のこっちはな~んも掛からん!
そうそう、えらいもんが掛かったっちゃ~!
釣ってる最中にカモメの群れが我輩の前を通りすぎて、うち1羽の足にラインが絡んでしまった。
なんとか寄せて外したものの、カモメさんの目はマジ怒ってました!(笑)
IMGP0499a.jpg

ただ、ラインを外している間に、ラインが岩に擦れてジグをロストしてしまった。
本日3個目のロストなり~ってなんやねん!
餌師の撒き餌にカモメが飛びついてきて、おまけにキャストポイントの近くでたむろしているから、始末に終えない。
ジグ師だけならカモメは寄ってこないのだが・・・


えっと、キーボード打つの疲れたから、ここで些細な話は全部飛ばしてええとこだけを!


再びシーバス狙いでソフトルアーを取り出した。
んで、朝と同じく全部のサラシを探っていき、おもむろに沖に向かってキャストしたところ、リトリーブ途中でググッ!と明確な感触があった!
「よっしゃ~!」とばかりに大あわせすると、テンションがゼロになっていた。
ソフトルアーの水抵抗すらも無かった。
ラインを巻いていくと、リーダーが傷だらけ・・・
どうやら、サワラがヒットし、一発でリーダーを切られてしまった。
その後、スペアのソフトルアーで再チャレンジするも、どの魚も相手してくれなかった。

釣り倶楽部の人がグレ釣りに戻った時、かなり走る魚がヒット。
その時我輩は休憩していたので、その様子をしばらく見ていたが、どうやらハマチらしい。
タモから離れていたから、我輩がタモ入れを買って出た。
アタフタしながらもなんとかタモに入ったのは40cmはある立派なハマチだった。
それから皆がやる気を出して、青物戦に挑んでいった。

我輩も休憩を切り上げて再戦。
すると、2投目でな~んか重たいものが掛かった。
走るでもなく、なんかでっかいアオリイカを釣ったのと同じような感触。
とりあえず慎重に寄せていったら、茶色い魚体が見えた。
「アコウだ!」と、さらに慎重に寄せ、うまく岩の上に抜き上げた。
29.5cmのアコウだった。
あと5mm惜しかったな。
IMGP0507a.jpg


ただ、その後は何度もポイントを移動してみたが、何もヒットせず。
青物もあれっきりだった。
ただし、オキアミ・サビキでは相変わらずサンバソウや他の魚が掛かっていた。

1時半を回ってからは寝不足と疲れで体が動かなかったので、帰りの山越えの為に休憩していた。
そらそうだ!
我輩はショアジギングにかける時間は大抵3~4時間程度なのに、今日は倍の7時間ぐらいやったから、そらヘトヘトだ。
三尾に行ってるhideさんから電話があり、話を聞いてみるとそちらも芳しくなかったようだ。
そして、2時には納竿とし、再び山越えをした。

終わり・・・の前に、帰る頃に2人組が降りてきた。
餌師ならではの沢山の荷物だったが、その中に寝袋も持ってきていた。
どうやらこの磯場で寝泊りして連戦するようだ。
んで、焚き木を集めてきて、キャンプファイヤーの準備もOK?!
岡山県の人でここの常連らしい(11月13日に会った)が、いやはや・・・すごい人達だ!


■2005/11/26 06:45~14:00
アコウ 29.5cm

ロッド ダイワ シーホーク SJ-97H
リール シマノ バイオマスター6000PG
ライン PE35ポンド
リーダーフロロ10号
ルアー メタルジグ(80~120g)
スポンサーサイト
別窓 | 青物 | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<山でスモーカーを by私の淵 | へなちょこ釣り日記 | 11月25日 竿納めなのに・・・ by私の淵>>
コメント
お疲れさまでした。
ロングジギングバトルお疲れ様でした。
あの地磯は変なジグの掛かり方をするところがありますね。
やっぱりかなり底が複雑なようです。

あっ・・以前DARAZU船長とトップゲームに出たときに
「カモメを虐めるとボウズ食らうぞ」って言われたことがあります。
カモメは極力釣らないように気を付けましょう(笑)
2005-11-26 22:38| URL | シゲ #-[ 内容変更] |
>シゲさん
お世話様です。

実は今回で3羽目です。
最初に釣った(?)時はアジサビキの時で、2回目は香住でジギングの時でした。
あの時もな~んもヒットせんかったけど、隣の餌師に70cmのマルゴ(メジロ)が…
今回も隣の餌師にハマチがヒットしたので、同じパターンになっちゃいました。
v-519さん、お互いに気をつけましょう。
しかし、いつ見てもカモメさんに笑顔は無いですね~!(爆)

それと根掛かりについては、正面より東側は殆ど根掛かりしないけど、西側は底がゴロタ石になっているから、根掛かり多いです。
それに西側の斜め前方50m先には大きな根があります。
足元の根の帯がずっと続いているような感じです。
なので、西側の正面やや右にキャストしたら、殆ど根掛かりしません。
それに、そこがあの角度がデカマサがヒットした場所ですし。
そこに入りたかったけど、餌師が・・・
2005-11-27 07:04| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
カモメは釣ったなんて。すっすごい。
2005-11-27 18:56| URL | ALOHA-ISAI☆たつ #-[ 内容変更] |
>ALOHA-ISAI☆たつ さん
初めまして。
お立ち寄りありがとうございます。

カモメは、釣ったと言うよりラインとカモメで出会い頭の事故ですね。
カモメからすれば、いきなり目の前にラインがあっ!(笑)
ラインからすれば、わき腹にカモメが側面衝突!(爆)
カモメを釣る技はあるけど、そんな事したら数年はボーズ間違い無しです。(笑)
「釣らぬ神に祟り無し!」ってとこでしょうか。

それと、HP拝見させて頂きました。
沖縄在住ですよね。
なんかGTと釣れそうで羨ましい限りです。

大したものはありませんが、いつでもお立ち寄り下さい。
2005-11-27 23:19| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • THE&nbsp; 流し釣り本日仕事で釣りに行って来ました。僕は釣り経験が乏しく勉強のため、師匠とお客さん一人。計三名で読谷沖に行ってきました。午前中二時間の少ない時間の中結構釣ってきたよーーー。上の写真はほんの10分で釣りました。かなりの入れ食いでこの後写真の撮る
    2005-11-27 18:57 | ALOHA-ISAI
    | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。