SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
11月12日 昼戦
2016-11-29 00:00
子供を送って、時刻は8時半。




さてどこ行こ?

まず、アウェイは人がいる。

1号、2号も遠目に人がいるのが見える。

3号は車3台。

4号は4台。

どこ行こ?

香住の山越えするか?

とりあえず4号と5号の間の磯の駐車場を見に行きました。

そしたら・・・

カゴ仲間がいた!

先行の車が1台で、さらにカゴ仲間が支度をしていました。

カゴ仲間は港でアジを釣ってきて、入れるポイントが無いから

4号半(と命名)に入るとこでした。

さて問題は先行者が右の岬にいるのか左の岬にいるのか?

2人で向かったら先行者は左の岬の左側にいました。

お目当ては左の岬の右側だったんでセーフ。

左の岬の右側は2人連なって入れないんで、それぞれ分かれて小磯に乗りました。



さて、時刻は9時。

ポイント的には、大島と岬の先端との中間方向に投げるとして、

50m先にあるコブ(カケアガリ?)より先がポイントかと。

これは底カゴにしたらそのコブに巻かれる可能性があるんで、

自作の樽カゴをチョイス。

そして1投目。

潮が大島方向にゆったり流れているようでした。

これはまぁまぁ良いかな?

しかし、潮は時々反転して30分おきに左右に流れているようでした。

まぁ動いてればどっちでもいいさ。



岩の影からカゴ仲間のウキが見えました。

こちらは沖に向かって流れているようでした。


さて、エサ取りの状況ですが、

現在の投下地点はコブより沖なんで、エサ取りがおらず。

餌が残っています。

それがキャストミスで投下点がコブ周辺や左右だと餌が取られます。

針はヒラマサ10号にしてるんで、たまに運の悪いサンバやグレが掛かります。

だからなんでこんな大きな針を食うかな~君たちは?!

とゆー事で、なるべく投下点を定めて延々とキャストしていきます。



当方の性格ではすぐに集中力が切れて、ウキよりもあっちこっちを眺めています。

それが鮎でも攻撃的で集中力を要する「引き釣り」より、

鮎任せでオバセに気を付ければ良い「泳がせ」が性に合ってる所以ですが。

そこで、撒き散らかったオキアミが気になりだしたんで、

竿を竿立てに置いてから寄せ集めていました。

そしたら・・・いきなり竿が動いた!

まさか?

すぐに竿を押さえると、引っ張られてる。

掛かった?

すぐに合わせを入れると、重量感あり。



◆Round1◆

タルカゴを投げてから完全によそ見してたんで、根に入られるのを心配してたけど、

幸いコブには入らんかった。

ここで、ラインをゴリゴリ巻いていきました。

この場所でのヒットは?年ぶりなんで、あまり覚えてないけど、

今回はなぜか外向きじゃなくて内向きに走っていった。

根が無ければ良いけど・・・

リーダーが見えて、その奥に魚が見えた。

ゴリゴリ巻いてたとはいえ、わりかしすんなりと寄ってきたな。

60cmクラスかと思ってたけど、姿が見えると・・・

ちとデカいか?

そして磯際ファイト!

走られてもグッと耐えて方向転換させる。

そして磯際まで寄ってきたときに、隣の岩との隙間に入られた。

やばい!

出っ張りだらけだから擦れてしまう!

タモの射程範囲ではあるけど、ここは安全策で一旦外に出すことにしました。

そして、たっぷり空気を吸わしてすかさずタモ入れ!

75cmの立派なサイズでした。

これで4勝6敗になりました。

0012909.jpg



ちなみに、泳がせをしていた友人は・・・

オトリの数だけサメを釣ってました。

その数10本近くとか。

サメはヒラマサよりしんどいよ!



スポンサーサイト
別窓 | カゴ釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11月13日 バトルⅢ | へなちょこ釣り日記 | 11月12日 早朝戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |