SEO対策

 
山陰で鮎や青物など様々な魚と戯れるRANの「へなちょこ釣り日記」です。
RAN Author:RAN
「RAN&私の淵」のブログへようこそ。
大した釣りはしませんが、へなちょこな釣りを読んで笑ってやって下さい。
 
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
中国渡航記3 ~3~
2006-07-25 23:51
昨日は中国電力(?)のメンテナンスで会社付近一帯で停電してるので、会社が休みでした。
停電は会社の電源設備の工事を除くと、これで2回目です。
中国はしょっちゅう停電します。
上海の郊外では1週間停電させられるところもあります。
そんで、通訳さん(中国人)と一緒に昼御飯を食べに行きました。



早速、安い店を見つけて試しに入ってみました。
そこのメニューに炒面(焼きそば)や炒飯(チャーハン)などがあったけど、ふと目に付いたのが、「日式鰻飯」でした。
別スレの通り、こないだ鰻を食べたばっかりでしたが、33元(約500円)でしたので物は試しにと、それを注文しました。
出てきたのは、蒸し飯、スープ、青梗菜の油炒め、鰻の蒲焼でした。
順番に、蒸し飯はタイ米みたいな細長い米を蒸したもので、日本の米に比べてちょっと臭いです。
スープは、美味いのか不味いのかさっぱりわからん。
青梗菜(チンゲンサイ)の油炒めは、至って普通。
んでメインの鰻の蒲焼は・・・
蒲焼の上に薄焼き卵が載っているのだが・・・
この鰻、自分で焼いたほうが絶対に上手い&美味いと思った。



その後で商業城というショッピングセンターに行くのだが、ここは4~8坪くらいの小さな店の集まりで、主に服、カバン、時計などが売られてる。
ただ、ブランド物は全て偽物なのだ。
売り子達はしきりに「これ本物!」と言うてる。
本物だったら(と言うか日本やEUで買ったら)十万円するようなブランド物が、数百元(数千円)で買えるかよ!

通訳さんが荷物を入れるカバンが欲しいとの事で、ちょいとお手伝いをば。
色々物色して(その間、売り子がうるさい!)、ブランド名が書いてないバッグに照準を定めたら、あとは値引き交渉。
通訳さんが中国語で会話するのだが、そこは値引き魔王の我輩登場!
最初の言い値が280元(4600円)だったが、それなら不要(ブーヤオ)!
店を出ようとする(これが作戦)と、売り子が電卓を渡してくるので、こっちも最初の希望額を80元(1200円)。
当然売り子は「こんな値段で売れるかバカヤロ~!」てな言い方で反論する。
しばらく中国語が飛び交い(おいらさっぱりわからん!)、向こうが250元に下げてきた。
でもこっちは頑として電卓で80元を要求。
そして220元に下がり、200元に下がり、しばらく見えない攻防が続く。
我輩が「いいから出よう!」と通訳さんを店の外に出そうと引っ張る。
すると、あっちも通訳さんの手を引っ張り、それならと売り子もろともお店から引っ張り出した。(爆)
んで店に戻って、値段交渉。
160元まで落ちたが、こちらも100元にアップ。
それからまた値段に開きがあるのでまとまらず、また「止めよう!」ってんで、今度は通訳さんと売り子もろとも(なんで?)引っ張り出した。
んでまた店に戻り(笑)、値段交渉。
最終的に120元(1800円)に落ち着いた。

最初の言い値が280元で、それがあの手この手で120元まで落とせる。
つまり、最初の言い値は単にふっかけで、それで何も知らずにその値段で買った人はカモ。
我輩みたいに事情を知っててあの手この手で値引きすれば、こっちの希望金額に近い値段で買う事ができる。
希望金額に達しなければ「不要(ブーヤオ)」と言って他の店に行けば良いだけだし。

ちなみに、同じ店でグッチの財布が180元だったが、最終的に80元まで落ちたが合意せず。
そらそうだ!
既にルイヴィトン(当たり前ですが偽物)の財布を30元で売ってる店を知ってるだけに、30元以外に首を立てに振らず。
しきりに「その店は偽物!これは本物!」と言ってたが、普通、グッチの財布を80元(1200円)で買えるかっつ~の!
まぁ暇つぶしに半分遊んでやってた。


最後に、我輩が今かけてるTRUSSARDIのサングラス(度入り+偏光付き)がいくらになるか売り子達に予想してもらった。
「こんなん偽物だよ!」と言いながらも600元(9000円)と言ってたが、実際には3000元(45000円)。
売り子達、皆びっくり!
我輩は「これは本物!」と言って通訳さんと店を出た。


ちなみに、偽物のバッグを使って空港なんか行ったりすると、イミグレで没収されたりする事がありますので、ご注意を!


釣りができないから、こんなんして遊ぶしかないのが悲しいすわ。
でも、20歳ぐらいの若い姉ちゃん2人相手に格闘してたから、久しぶりに楽しめた。
別に無理に釣らんでも、30元のオトリ(こちらの言い値)を泳がせて、あの手この手で微妙な誘いをかけて、それに引っかかった売り子を釣り上げれば良いだけの事です。
釣れんかっても、なんもする事が無い中国でオトリを泳がせれただけで満足っす。
掛かる鮎は全て偽物(人工産鮎)だと言うのは承知の上でね。
そういや、梅雨が明ければ本物(海産遡上)の鮎の季節が始まるな!

早く帰りたいよ~!
スポンサーサイト
別窓 | 中国 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<中国渡航記3 ~4~ | へなちょこ釣り日記 | 中国渡航記3 ~2~>>
コメント
いつ帰るの?
RANさん、陸釣りもいいけど中国も長くなりましたね。
日本も今年は大雨で釣果もさっぱりです。

ところで、中国には釣具屋さんってあるのでしょうか?
先日、叔父でもある植田漁具の創業者が他界されました。

今日は供養で長尾鼻に行って叔父の作ったユージースイベルを
リーダーに結びジグを投げまくってきました。
波も1mくらいで潮もそこそこ行ってましたが、残念ながら釣果なしのワンバイトに終わりました。

まぁ、この環境で釣りをさせてもらえるんですから贅沢は言えませんね。
2006-07-27 20:34| URL | シゲ #-[ 内容変更] |
>シゲさん
こんばんは。
お久しぶりです。
中国に来て、かれこれ2ヶ月半経ちました。

中国にも釣具屋はあります。
有名どころでは上州屋ですか。
http://tyoukouitou.com/chinaturi.htm
こちらのサイトでは1m以上の青魚を狙ってる人たちがいます。
川魚でも1mを超えてたら相当に格闘するでしょうや。


香港に行ったとき、ビクトリア湾のフェリー乗り場の前で引っ掛けをやってる人が数人いました。
主に10cmぐらいのアイゴばっかりでした。
中国も香港も趣味で魚釣りをやる人は少ないようです。
2006-07-27 22:43| URL | 管理者RAN #GYnFN4Ng[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | へなちょこ釣り日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。